« 紅幻想(くれないげんそう) | トップページ | 魂の記憶 江戸の男の子(二) »

魂の記憶 江戸の男の子(一)

小さな頃、江戸の町に住んでいる男の子の夢を見ました。

と、いっても その子って 実は私自身なんですけど。

その子は そこで生きていた時の とてもうれしかったときのことをよく覚えていて その様子を夢の中で見せてくれたのです。

ひとつめでは、母親のような女性に手をひかれて 江戸市中にある桜の森を歩いていました。すぐそこに江戸城のある満開の桜の樹々の下を。

町の人たちが 花を眺めながら静かに歩く姿と、桜の持つしめやかさとが 何ともいえない雰囲気を醸し出していて 僕はとても幸せな気持ちでいました。空の色は暗めで それは夜桜見物のようでした。

二つめでは、お芝居を観ていました。

二階にある 箱形のお座敷のようになった席で ゆっくりくつろぎながらお芝居を眺めていました。

三つめでは、お蕎麦屋さんの中ににいました。

食べていた物は忘れましたが、柱がみな黒褐色に塗りこまれた その店の風情ある様子はよく覚えていました。

四つめでは、海にいました。

浜辺で、僕の兄か、それとも兄のように慕っていた 僕より少しだけ年上の男の子と夢中で遊んでいました。

侍ごっこをしていたのか、それとも実際 侍の子供だったのかよくわかりませんが、お互いに呼び合った最後の名前が お侍さんの幼名によくある呼び名でした。

「さらば!○千代!」

「さらば!△千代!」

そう 叫びながら 夢中でふたりで海に飛び込み、その日 誤って 僕は そのまま浜辺に帰れなくなったのです。

あまりに 遊びに夢中で 自分が浜辺側から見れば”帰らぬ人”になっていることもわからないまま。

それは、苦しみもほとんどない ”死”という自覚さえない亡くなり方でした。

沖に流された僕は いつのまにかとても小さな塊になり、そのままその沖のあるところで じっとしていました。

まるで 誰かが探し出してくれるか、呼びよせてくれるのを待っているかのように。

そうこうするうち、僕の目の前を いろんな人の顔や姿が お盆提灯の絵柄が移り変わるように駆け抜けていきました。

はじめのほうは 知らない人ばかり。

ところが おわりに近づくにつれて 学校でチラとだけ見たことのある先生の顔や 親の顔まで現れてきました。

そのうち おかしなことに だんだん”僕”の気持ちから ”私”へと変わっていき、いつしか浜辺から そんな自分を呼んでいる人がいることに気付いたのです。

人の声など、聞こえるはずもない遠い沖にいるにもかかわらず。

私は その声に誘われるまま 浜辺に向かっていきました。

小さな塊なので 泳ぐわけでもなく、それは 吸い寄せられていくように。

ようやく 浜辺に上がれる所まで 来たとき、そこに数人の人がいて、いつのまにか普通の体になっている私に気づき、こちらに向かって手招きしてくれていました。

浜にあがってみると そこは、もう江戸時代の浜辺でなく、海水浴等も行われていた形跡のあるような明るい 今の浜辺でした。

« 紅幻想(くれないげんそう) | トップページ | 魂の記憶 江戸の男の子(二) »

随想・小説」カテゴリの記事

コメント

これは、今までにない
静さんの表現世界を見せて頂き、
感激しました。

ー♪ー

「江戸の男の子」というのが、
何とも「粋」じゃあないですか。

夜桜見物・・お芝居とくれば、
日本橋から両国辺りでしょうか?

両国は、
今は、ちゃんこ鍋屋さんが多い
のですが、江戸時代は、やはり、
お芝居に花火にお花見。
蕎麦屋さんに、屋台の
お寿司屋さんだったのでしょうね。

浅草寺の雷門も近く、すごく
賑わっているところですね。

はてさて、そのまま海へ出たものか?
品川辺りの見物に連れていかれたものか?

・・「お侍ごっこ」をしていたのかも
知れないし、お侍の子かも知れませんね。

海には慣れていませんね。(笑い)
ボクらは、台風の後に波に引きずり込まれて
逃げ帰る遊びをやりました。

逃げそびれて再び波に引き込まれ、
命からがら逃げ帰った時に、「カア」
というカラスの声を聞いて、
「生きていて良かった」
って思ったものでした。

プチ臨床体験もありました。

静さんは、夢の中で、
400年も前の自分からタイムスリップ
したのでしょう。

それは、夜桜の花びらの舞う夢のなかの
ことだったのだと思いました。

・・静さんの
「魂の記憶 江戸の男の子(一)」の感想・

うわ~!!
静さんのの新たな世界観発見です♪
江戸っていうのが粋ですね!
静さんの夢の中?
とても不思議な世界の中に入り込んだ気分です。
江戸時代の暮らしや生活観も感じられ引き込まれます。
これは本当に「魂の記憶」なのかも知れませんね!

(一)って事はは続きもあるのかな?
凄く楽しみです♪

とてもうれしいコメントを沢山ありがとうございます!
今、海tonさんのところで 先に少しコメント書かせて
頂きましたが。

”江戸”の様子、現実の知識としてはあまり知らない方なので
色々書いてくださったこと、とても参考になりました。

この話、私にとってはフィクションでも何でもなく、
見た夢、そのままなんです。
その”そのまま”が どこまで伝わるものか、と
迷いながらも 書き入れてみたものです。

一度に書きたかったのですが、長くなり、一旦おきました。

私は時間のあるときと ないときの差があり過ぎる
ためか、またいつ更新かわかりませんが、
またぜひいらしてくださいね。

reireiさん

長い夢物語なのに 読んで頂いてありがとうございます!

普段なかなか書けずにいるのですが、こういう不可思議世界も
好きで、いつも自分の心のどこかにこんな世界がある気がして
いるんですよ。

>江戸時代の生活感も感じられ~
そう感じて頂けたなら とてもうれしいです。
この夢の中での感覚がそうだったので。

今 海tonさんへのコメントにも書かせて頂いたのですが、
一度に書けなくて (一)にしました。
またいつものようにゆっくり更新になりそうですが、
次もまたいらして下されば うれしいです。^^

静さん、ゆっくり更新、
楽しみにしています。

何か歌いたくて、書いてみました。



「もしボクが江戸の子どもだったら」

もし
ボクが
江戸の子どもだったら

もし
舞い落ちる
桜の中で剣の試合をしたら

もし
江戸城見ながら
そばを食べるんだったら

蕎麦はやっぱり「二八そば」
剣は勝つまで桜はまうまで

舞い落ちる
桜の中で夢を見たよ

もし
ボクが現代に生まれ変わったら
可愛い女の子に生まれ変わってて
桜の道を行くのかな

竹内まりや さんの
「幸せのものさし」16和音・
Yahoo!着メロ・無料試聴で


・・静さんの
「魂の記憶 江戸の男の子(一)」の連想(一)・

それでは。

連想(二)・
ー時空の旅人ーです。
殆ど、静さんの詩からの組み立てです。



「紅幻想…時空の旅」

>二度と帰らない
>今日という日
>大切な
>今という時
>だから
>ありふれた朝に
>ありふれた出来事に 
>ありふれた日々に
>感謝

母と兄と三人で観劇
二度と会えなくなると
脳裏に焼きつけながら
初夏の潮干狩り
母と兄と三人で
>ありふれた日々に
>感謝

>「さらば、竹千代」
>「さらば、犬千代」

波と時空の沖に流れる
>さよなら竹千代
人生は
>紅幻想


宇多田ヒカル さんの
「Prisoner Of Love」16和音・
Yahoo!着メロ・無料試聴で、
リズムを取ってみました。
・詩とあってませんがw・

・・静さんの
「魂の記憶 江戸の男の子(一)」の連想(二)・
ー時空の旅人ー
上段の詩(>)は、
静さんの「ありふれた朝に」の詩です。

ー 江戸の私から現代そして迎える私 ー
(自分の前世と出会う瞬間)完結編です。

「つなみ」

海に迷い
日が暮れて
ひとりで揚がる岩場
涙が出て
波だけが蒼くて
行き交う船と思い出
皆行ってしまった
もう誰も来ないと思った時
涙も落ちない
希望を見ようと思ったら
小さな船に立ってた
新しい私は小さな女の子

サザンオールスターズ
「TSUNAMI」16和音・
Yahoo!着メロ・無料試聴で
リズムを取ってみました。

・・静さんの
「魂の記憶 江戸の男の子(一)」の連想(三)・
ー 江戸から現代の私へ ー生まれ変わる。

でしたw

(連想、楽しかったです)海ton.

ここまで書けるのは素晴らしいね
さすが静だなって思いましたよ
俺もね、シチュエーションとか全く違うんだけど
こんな感じの夢を見たことがあります
静もこうゆう夢みたんだなと思って少しビックリです

おはようございますっ!
リラですっ(^^)!
とっても不思議な夢ですねっ☆。。
静さんの世界の中に
入り込んでしまいましたっ(^_-)。
夢の中のお話の展開が
見事で、きっと静さんの
お話を組み立てる力が
出ているのでしょうねっ♪。
私は非現実と現実が交差したような
変な夢をよく見ます。
宇宙人が出てきたり、和田あき子さんとか
ビートたけしさんとか、スマップが出てきたり、
でも、夢占い辞典によると、
芸能人は浪費を表しているとか。。(~_~;)。
うっと思ってしまいました。。
ちなみに桜の花はいい意味だった気がします。
不思議の世界をどもですっm(__)m

海tonさん

いつもありがとうございます。

なんと 次の更新するまでに 連想詩が完結編まで
いってしまいましたね。
追いつけない~

「江戸の子供だったら・・」
面白かったです。
夢の中に出てこなかった”剣”が現れて・・

>人生は紅幻想~
そう、ほんとうに 幻のようなものかもしれませんね。

組長☆さん

おひさしぶりです。
見にきて下さり、身に余る感想をありがとうございます!

>こんな感じの夢をみたことがあります~
組長☆さんのはどんな風なのでしょう。
興味あります。

こういうのって 何でだか書くのに少し勇気がいるのですよね。
こんなこと、ほんとに思ってるの?
とか聞かれそうで・・
でも ほんとに思ってるんです。(笑)
最近あまり時間がなくて、次の更新がいつになるかわかりませんが、
また よろしければ見にきてくださいね。^^

リラさん

いつもありがとうございます。

芸能人の夢~
なんだかとても楽しそう♪
私もたまに見ますよ。
大抵 なぜか仲良しなんです。
相手が迷惑しそうな話ですが(笑)
一緒に行動すると 確かに浪費するかも。
面白いですね。

>桜の花はいい意味~
そうだったらいいなぁ。
この夢の中で一番印象深いのは
最初に書いた”桜の森”でしたから。

また この次も遊びにきてくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂の記憶 江戸の男の子(一):

« 紅幻想(くれないげんそう) | トップページ | 魂の記憶 江戸の男の子(二) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ